石川県珠洲産の珪藻土を切り出し、卓上こんろや七輪、炉材、異型、めがね石などを作っています。
いらっしゃいませ 切り出し七輪・こんろの販売 能登ダイヤ通販です。
TOP | 製品案内 | おすすめレシピ | 七輪・こんろの使い方 | 切り出しとは | 会社概要 | リンク | お求めはこちらからサイトマップ
 
CONTENTS

製品案内

大人数で楽しむなら

2人で楽しむなら

1人ずつなら

火消しつぼ

その他の製品

七輪・こんろミュージアム 

・特注こんろ 

おすすめレシピ 

七輪・こんろの使い方

切り出しとは

会社概要

リンク


切り出し七輪・こんろのお買い求めはこちらからどうぞ。
切り出し七輪・こんろの販売 能登ダイヤ通販


弊社の切り出し七輪・こんろと出会えるところ
道の駅 すずなり
ラブロ恋路
内浦ふれあい市場
JA内浦おくのといち
道の駅 桜峠
国民宿舎能登やなぎだ荘
能登空港売店
茅葺庵三井の里
のと楽 売店
神子の里 

切り出しとは
 「切り出し」とは、珪藻土を原料とする伝統的な七輪・こんろの製造方法の一つです。地下深くの坑道から、数百万年前の地層をそのまま切り取って、地表へ出し、七輪、こんろの形に成形します。
当社では、より軽く、扱いやすい七輪・こんろとするために、天然の珪藻土を切り出して作るこの製法にこだわっています。
 

  「珪藻土とは」                  細かな空気の層を持つ土
 珪藻土とは、珪藻という植物プランクトンの遺骸が、数百万年という長い年月をかけて堆積してできた土です。
 珪藻の殻による細かな空隙があり、多孔質な材料です。
 この細かな空気の層が、優れた断熱性、保温性という特徴を生み出しています。
 特に珠洲の珪藻土は、
「珪藻泥岩」と分類されるもので、粘土質が多いため、成形しやすいことが最大の特徴です。
 
この断熱性、保温性、成形のしやすさの特性によって、切り出しの七輪、こんろに最適な素材となっているです
珪藻の殻の拡大写真
この細かな無数の孔が珪藻土の特徴を現します

  「厚い珪藻土の層」              約400mにもおよぶ層の厚さ
 珠洲市は、この珪藻土に恵まれ、ある調査によれば、その層の厚さは400mにも達する箇所があるとされています。埋蔵量は、約50億立方メートルと推計され、国内最大級とも言われています。
 1996年には、鰭脚類のアロデスムスの化石が見つかっています。その当時その層での堆積速度が100万年で50〜100mに達しており、この速さが全身骨格の状態で保存できた要因と推測されています。
 このように、珪藻が集中的に大量発生し、厚い層ができたことが、
切り出しによる良質な製品を生み出す原動力と考えられます。
道路整備で現れる珪藻土の層
珠洲では珪藻土の地層がいろんなところで見られます

  「切り出しとは」                 伝統を受け継ぐ職人の技
 卓上こんろや七輪の製造方法には大きく分けて、練り出し製法と切り出し製法があります。
 練り出し製法とは、一度粉々にした珪藻土を型に詰めてプレスして作る製法です。
 切り出し製法は、自然の堆積層をそのまま切り出して、削って成型する製法です。
 練り出し製法が開発されたおかげで、大量生産が可能となり、安価な七輪が広く供給されるようになりました。
 一方、切り出しは地層そのままのため、練り出しに比べて軽く、より均質で、上手に使えば耐久性が高いと評価されています。
 この良さを生かすため、そのまま切り出すという方法をとっています。
 ただ、切り出しは、露天掘りが困難なため、坑道掘りで採掘しています。
 しかも粘土分を多く含むがゆえに、機械化が難しいという問題も抱えています。
 よって、今も職人の巧みな技、伝統を受け継ぎ、人力によって珪藻土を切り出しています。
 鉄砲鑿(のみ)で層を切り取っていく
地層をノミで一つ一つ切り出していきます

掛矢でたたいて切り離す
四方はノミで削り、裏面は掛矢でたたいて切り離します

◆TOP

能登ダイヤ工業株式会社
〒927-1463 石川県珠洲市三崎町雲津ム37

Copyright (c) 2010  能登ダイヤ工業株式会社 All rights reserved